前へ
次へ

医療費を多く支払った年は確定申告を

医療費を多く支払った年には、確定申告をすることで、既に支払った税金の一部が戻ってくることをご存知ですか。
この仕組みを医療費控除と呼び、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が10万円を超える場合に利用することができます。
医療費控除の対象となる医療費は、健康保険等で補填されない自己負担額の合計です。
代表的な例としては、病院の診察に掛かった費用や調剤薬局の調剤料等があります。
自分自身が支払った分だけでなく、同一生計の家族の分も合算可能です。
たとえ支払った医療費の合計額が10万円を超えていても、自分で確定申告を行わなければ、税金の還付は受けられません。
年末調整では調整の対象となりませんので、注意が必要です。
確定申告をする際には、支払った医療費の明細を添付する必要があるため、医療機関で貰った領収書や診療明細書などは大切に保管しておきましょう。
医療費控除は最大で5年前まで遡ることができるので、領収書等も5年間を目処に保管するのがお勧めです。

Page Top